バーチャルオフィスのメリット&デメリット(大阪・兵庫・神戸)

バーチャルオフィスでは、「法人登記・銀行口座開設・郵便物の転送・電話の転送・FAXの転送・電話秘書代行・助成金及び創業融資」の利用が出来ます。

バーチャルオフィスの住所で物販等は出来ませんが、創業時、会社としての基本的な内容は全て包括しています。

一番のメリットは、月々4,300円で(大阪梅田・神戸三宮・神戸)駅から徒歩10秒~3分の一等地(メジャーな場所)を拠点として営業活動が出来ることです。

創業する方にとっては「信用を勝ち得るため」の大変重要な第一歩です。

バーチャルオフィスのメリットは何ですか?
バーチャルオフィスのデメリットは何ですか?

「金融機関の口座開設の際の審査が通りにくい」というのには理由があります。

1番の法人の「登記簿謄本」は、バーチャルオフィスでは法人登記が出来ますので、提出できます。

2番の「業務を確認する書類」の2-2が問題です。

●ホームページを持っていると「業務を確認する書類」として、提出できます。

注意)但し5、6ページの「急ごしらえ」だと明らかにわかるようなホームページはNGです。

ホームページを作成すると解りますが、5、6ページでは会社の内容がまったく伝えきれません。

会社のホームページ作成には2つの方法がありますが、無料で、サポートいたします。

※詳しくは「ホームページを作ろう?」のページをご覧ください

●会社のホームページ及び(会社案内・パンフレット・チラシ)が無い場合は「法人用、会社概要」をご自身で作成して、提出できます。

バーチャルオフィス(大阪・兵庫・神戸)ルミエ9店舗では、「銀行口座開設」の審査が通るような「法人用、会社概要」の作成のお手伝いを無料で、サポートいたします。

※詳しくは「銀行口座開設どうすればいい?」のページをご覧ください

都市伝説の「金融機関の口座開設・融資の際の審査が通りにくい。」というのは、この事だと思われます。

都市伝説には迷わされないように、くれぐれもご注意!

ルミエ・バーチャル6つの特徴