自習室の変わりに、いつまでスタバやマックで勉強するのですか?

大阪の自習室を探しているあなたに、1日400円でコーヒー飲み放題の自習室を教えます。

400-watersurver-umeda

公認会計士の試験が1か月後に試験が迫っている、あなたはまだカフェで勉強しているのですか?

喧噪の中で、カフェの店員の目が気になり、粘って2時間・・・という経験ありませんか?

自習室なら、カフェで隣の人を気にしながら勉強する必要はありません。

しかも、1杯400-500円のコーヒー代でまるまる1日勉強できます。

コーヒー飲み放題1日400円、静かな自習室で1日18時間勉強できる自習室を教えます。


カフェと自習室の比較

カフェと自習室どちらが安くて勉強に集中できるか比較してみましょう!

勉強する場所の最寄り駅からの距離
カフェは駅から近いところにたくさん点在していますが、自習室も駅から近いところにたくさん有ります。あまり駅からの距離は大差がないと思います。通勤・通学途上での利用が多いので、やはり駅近にあると便利ですね!

自分が勉強している周りの静けさ

●カフェでは・・・

  • BGM・おしゃべり等、雑音が一杯でうるさい。元来勉強する場所ではないので、当然です。
  • 朝早く、出勤前に行ってみるが意外と勉強している人が多いことに気づく
  • いざ勉強してみると、BGM・人の声が耳障りになる。
  • 昼食休憩時間に行ってみるが、混雑で勉強どころではない様子
  • 夜、会社帰りに行ってみるが、店員の目が気になり精々3時間が限度。

●自習室では・・・

  • 勉強目的の有料自習室なので、雑音は無く、とても静か!
  • 出勤前の朝早くから、会社帰りの夜遅くまで利用できる。
  • 自分が行きたい時に、静かな環境が利用できる

フリードリンク&食事

●カフェでは・・・

・朝・晩2回利用すると、安いカフェでも600円の出費
・カフェではフリードリンクはやっていません。やっているところであれば金額が高い。

●自習室では・・・

コーヒー・紅茶が無料で飲み放題の自習室が多く、毎日通って1ヶ月平均12,000円程です。
1日400円でコーヒー・紅茶飲み放題、静かな環境が保証された場所で勉強ができる自習室と、騒がしいカフェで気を遣いながら勉強するのとでは、どう考えても自習室で勉強するほうが得だと思われます。尚且つ自習室では、休憩場所が有り飲み物以外に食事も取れるところもあり便利。

イスへのこだわり

長時間勉強でお世話になるイスは最も大切です。
●カフェはコーヒー・紅茶等の飲み物、食事を提供する処なので、短時間の回転率を重視している。長居をしてもらったら困るので、当然イスは固めで長時間居れない。
●それとは逆に自習室のイスは、1日中長ければ12時間以上利用するので、柔らかすぎず固すぎないイスが良い。腰痛防止で、特にイスにこだわっている自習室を探しましょう!

 

管理人が常駐している自習室(案外盲点)

カフェとの比較はできませんが、管理人が常駐している自習室を探しましょう!
カフェは元来、飲食とおしゃべりをする場所なので、騒がしくて当然で、お客様任せです。反対に、自習室は静かな環境で勉強をする場所です。

静かな環境を維持する為には、「管理人が常駐している」か?、いないか?は大変重要です。

自習室は専ら勉強が目的で利用する人ばかりなので、静かな人が多いと思われますが、残念ながら
「キーボードの音がうるさい人」、「やたら書く音がうるさい人」、「寝るときにいびきをかく人」など、自分では気が付かなくて悪気はないのでしょうが、自習室にはこういう人が必ず存在します。

自習室でも管理人が常駐していないと、ほったらかしになり、カフェと同じように利用者任せになります。

勉強をするうえで大切なのは静けさを保ってもらうことです。

折角お金を払って自習室に勉強に来ているのに、緊急時リアルタイムに対応してくれなければ、フラストレーションが溜まり、通うのがイヤになってしまいます。

「管理人常駐」と言っても、社員では無く、アルバイト(奨学生)が対応する自習室は注意が必要です。なぜならば(奨学生)は権限を持たされてなく、業務範囲として苦情の対応はできません。

※「奨学生」とは自習室利用者の中で、利用料金を免除される替わりに、週3~4日(1日30分)程度の掃除と備品の補充を任されている人のことです。

なので、「社員で常駐管理」をしている自習室を選びましょう!

まとめ

真剣に資格取得・受験をお考えでしたら、カフェで騒音の中、店員の目を気にして勉強するよりも、1日400円で「コーヒー・紅茶」飲み放題の大阪の駅前自習室の方が断然お得!
但し、静けさが保たれる「社員で常駐管理」をしている自習室を選びましょう!